企業の取り組み事例

一覧へ戻る

ボーダレスキャリア株式会社

〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル6F
TEL.03-5227-8890

ステップ就職で若者の仕事のミスマッチをなくす

SDGsゴール達成

  • 1. 貧困をなくそう
  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 8. 働きがいも経済成長も

次世代リーダーからの評価点数:4.3点/5点

SDGs取り組み内容

<ステップ就職で若者の仕事のミスマッチをなくす>
働くことが不安だったり、離職を繰り返している若者の問題解決を目指す。
仕事の適性を見極めるステップを踏んで就職する。
いかなる境遇でも、誰もが働きやすい社会にしたい。


<SOCIAL IMPACT>
働くことや自分の特性を十分に理解しないままいきなり就職して離職を繰り返してしまう若者が、「ステップ就職」という仕組みによって自分の特性に合った仕事に就き、仕事を続けていける人数をソーシャルインパクトとしています。2019年10月以降は200名/月の新規エントリー、就職者数は40名/年を見込んでおり、前年比で大幅に増加しています。


<どんな社会問題を解決するか>
働くことが不安だったり、離職を繰り返している若者
離職を繰り返してしまう若者の中には、家庭崩壊や虐待など不遇な環境で育ち、社会に出ること=働くことに不安を抱えている人が多くいます。生活面の不安から、自分に合う仕事ではなく寮や社宅付の会社を優先的に選ばざるを得ないなど、仕事の選択肢の少なさゆえに、仕事内容と本人の特性にミスマッチが起こるという問題もあります。そういった状況で離職を繰り返していると、益々再就職が難しくなる「負のスパイラル」に陥ってしまいます。結果、本人が望まないまま暴力団や風俗に流れてしまったり、最悪の場合は自ら命を絶ってしまうケースもあります。


<どうやってアプローチするか>
仕事の適性を見極めるステップを踏んで就職する
世の中にはどんな仕事があるのか?自分の特性は社会の中でどう活かせるのか?社会経験や知識も少ない若者が、いきなり企業の面接を受けて自分の適性に合う仕事に巡り合う確率は限りなく低いでしょう。そこで「いきなり就職」するのではなく、その会社で働く先輩に会いに行く「会社見学ツアー」や実際に働いてみる「職場体験」、さらには正式採用前にも最長半年間かけて、本人と会社の双方が適性を見極めるための「プレ就職」期間を設けたりと、仕事のミスマッチを防ぐ「ステップ」を踏んで就職するというサービスを展開しています。
また、過去の経験はどうあれ、働くことが不安だったり、離職を繰り返している若者の多くが、真剣に向き合ってくれる大人との出会いが少ないと感じます。そこで提携企業の選定にも重きを置いており、求職者に対して真剣に向き合っていただける求人企業の選定にも力をいれています。若者をいい大人(企業)に繋いでいく事業をしています。


<この事業が目指す未来>
いかなる境遇でも、誰もが働きやすい社会
働くことに不安を抱えている若者も、自分の特性に合った仕事に就き社会に必要とされるという経験によって自信を持つことができる。仕事のミスマッチをなくすことで、働くことを前向きに捉えられる若者を増やし、彼らが自分の仕事にやりがいや誇りを持って生きていける社会を実現します。さらに、彼らが後輩や子供など次の世代にも「働くことの大切さ」を伝えるという好循環をつくることを目指しています。

今後は、若者の就職支援、育成だけでなく、企業が若者を受け入れ育てる体制が必要とされます。現状受け入れ体制が整っていない企業であっても、受け入れから若者を育てる体制を望んでいる企業と組んで、全国各地で展開し社会課題の解決を目指していきます。

SDGsに取り組んだ経緯

働くことが不安だったり、離職を繰り返している若者の問題解決を目指す。
仕事の適性を見極めるステップを踏んで就職する。
いかなる境遇でも、誰もが働きやすい社会にしたい。

企業PR

<URL> https://step-shushoku.jp/
<SNS> https://www.facebook.com/stepshushoku/
      https://twitter.com/stepshushoku?lang=ja

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

若者の離職に焦点を当てた事例となります。
通常の紹介、派遣とは異なり、定着するための支援体制を構築しています。
「会社見学ツアー」、「職場体験」、「プレ就職」を通じて求職者自身も様々な仕事を経験できるだけでなく、求職者と求人企業がお互いに適正を知ることができます。また、求人企業の選定においては離職経験がある若者に対して理解がある企業を選定しています。

次世代リーダー総合評価