企業の取り組み事例

一覧へ戻る

株式会社 西村総建

〒920-0003 石川県金沢市疋田1丁目333番地
TEL.076-255-1679

文化価値の保存と外国人労働者の働きがいある街造り

SDGsゴール達成

  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 12. つくる責任 つかう責任

次世代リーダーからの評価点数:4.3点/5点

SDGs取り組み内容

1 多能工技術者の育成
    一つの専門職だけでは現場での職人の確保が難しい事と同時に波のある建設業
    界では従業員の雇用が難しくなります。職人に対し安定した給与と会社の利益
    確保の為、多能工技術者の育成に取り組んで行きます。

2 建築工事を通し持続可能な社会を築く
    省エネ製品のご提案を始め既存の柱や彫刻を活かし費用を抑え環境に優しい施
    工方法を推進します。また、若手技術者や外国人労働者が幸せに働く事が出来
    る環境を促進し、今後の地域における持続的な技術者の確保と働きがいある企
    業を目指します。

3 金沢の文化の継承と国際貢献
    宮大工として培ってきた技術と経験生かし技術後継者の育成と10年後を目標
    に金沢の社寺建築といえば西村総建と言われるようなブランドの確立を目指し
    ます。また、外国人の方々に日本で幸せに過ごせる環境を提供することや故郷
    に帰国後も高収入を得ることが出来るよう導く取組みを行って参ります。

ゴール8「働きがいも経済成長も」
 ⇒労働者の働きがいを提供し、安心・安全な労働環境を促進する。
 ⇒外国人労働者と国際協力し持続可能な経済成長を促進する。

ゴール11「住み続けられるまち作りを」
 ⇒住宅や商業施設の建築を通しより便利で心が豊かになる街作りを提供する。
 ⇒神社仏閣や歴史的建造物の修繕を行い、文化の保護・保全を継続する。

ゴール12「つくる責任 つかう責任」
 ⇒省エネ製品のご提案を推進すること、廃棄物の分別などを取り組む。
 ⇒リフォーム物件では既存の建具や柱を活かすことをお客様にご提案する。

SDGsに取り組んだ経緯

株式会社西村総建では利益の確保は勿論ですが自身の経験を元に従業員の努力が報われ働きがある会社、そして将来自分の孫たちにまで誇られる人間を育て上げる会社を目的に創業致しました。
現在、少子高齢化が加速してますが家族や仲間を幸せにする為には地域全体が豊かで無くてはいけない、そして日本の豊かさを守る為には今後、より一層勢いのある若い力と諸外国との協力が必要と考えます。
地域の活性化と国際協力が日本全体の活性化になればと思い株式会社西村総建はSDGsに取り組みました。

企業PR

神社仏閣・総合建築業 
*社寺新築・改修工事  *新築住宅設計施工  
*各種リフォーム工事  *内装仕上げ工事
*重要文化財修復工事  *LED照明工事

< メイン事業> 
1 内装仕上げ工事 (LGS・ボード・クロス等)
2 リフォーム工事 (木造鉄骨RC・メーカー不具合対応)
3 LED照明工事 (省エネルギー器具取付)
4 常若施工事業  (エアー鉋施工等)
5 外国人労働者福利事業

会社名 株式会社 西村総建
代表者 代表取締役 西村 洋志
住所    石川県金沢市疋田1丁目333番地
従業員数 18名(役員3名、総務2名、施工部13名)
平均年齢 28才 
TEL 076-255-1679
FAX 076-255-1677
メール mail@n-soken.com
HP   https://n-soken.com
創業 2013年6月
創立 2018年6月

この取り組みに対して評価を行う場合はこちら

次世代リーダーの登録をされている方は、管理画面より評価をしていただけます。
まだ次世代リーダー登録をされていない方は、まずは次世代リーダーとして登録を行なってください。

SDGsログからの一言

次世代リーダー総合評価